82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン

3.7    118分 | 2019年 | G
82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン

3.7 118分 | 2019年 | G

スクリーン1
配信期間: 2021年10月7日(木)まで

平凡な女性の人生を通して韓国の現代女性が担う重圧と生きづらさを描き、日本でも話題を集めたチョ・ナムジュのベストセラー小説を、「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチョン・ユミとコン・ユの共演で映画化。結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨンは、母として妻として生活を続ける中で、時に閉じ込められているような感覚におそわれるようになる。単に疲れているだけと自分に言い聞かせてきたジヨンだったが、ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をするようになってしまう。そして、ジヨンにはその時の記憶はすっぽりと抜け落ちていた。そんな心が壊れてしまった妻を前に、夫のデヒョンは真実を告げられずに精神科医に相談に行くが、医師からは本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまう。監督は短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。

全文を読む

監督: キム・ドヨン
原作: チョ・ナムジュ
撮影: イ・スンジェ
出演: チョン・ユミコン・ユキム・ミギョンコン・ミンジョンキム・ソンチョルイ・オルイ・ボンリョン
英題:Kim Ji-young: Born 1982
韓国 / 韓国語
(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

全て見る

映画レビュー

和田隆

PRO

チョン・ユミの刹那的な表情に息をのむ

和田隆さん | 2020年11月27日 | PCから投稿

「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」の名コンビ、チョン・ユミとコン・ユという人気俳優を起用しながら、韓国の現代女性が担う重圧や生きづらさをしっかりと描いており、改めて韓国映画の多様性や底力を味わえる作品です。

原作は日本でも話題を集めたチョ・ナムジュのベストセラー小説ですが、監督はこの作品が長編デビュー作だというのには驚かされます。また、まるで他人がのりうつったような言動をするようになる主人公ジヨンを演じるチョン・ユミの刹那的な表情や全身から醸し出す雰囲気には息をのみました。

結婚していて、家事や育児を奥さんに任せてしまっている世の男性にとっては少々心苦しくなるシーンもあるかもしれませんが、結婚をしていなくても、女性目線と男性目線で違った見方ができる作品だと思います。また、世代によって受け止め方も異なってくるでしょう。

男と女、他人とは、果たしてどこまで理解し合えることができるのか、見るものに問いかけてくる作品です。

映画レビュー

和田隆

和田隆さん PRO
2020年11月27日 | PCから投稿

チョン・ユミの刹那的な表情に息をのむ

「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」の名コンビ、チョン・ユミとコン・ユという人気俳優を起用しながら、韓国の現代女性が担う重圧や生きづらさをしっかりと描いており、改めて韓国映画の多様性や底力を味わえる作品です。

原作は日本でも話題を集めたチョ・ナムジュのベストセラー小説ですが、監督はこの作品が長編デビュー作だというのには驚かされます。また、まるで他人がのりうつったような言動をするようになる主人公ジヨンを演じるチョン・ユミの刹那的な表情や全身から醸し出す雰囲気には息をのみました。

結婚していて、家事や育児を奥さんに任せてしまっている世の男性にとっては少々心苦しくなるシーンもあるかもしれませんが、結婚をしていなくても、女性目線と男性目線で違った見方ができる作品だと思います。また、世代によって受け止め方も異なってくるでしょう。

男と女、他人とは、果たしてどこまで理解し合えることができるのか、見るものに問いかけてくる作品です。