ヒトラーに盗られたうさぎ

ヒトラーに盗られたうさぎ

3.7    119分 | 2019年 | G

「名もなきアフリカの地で」のカロリーヌ・リンク監督作

すべてを失っても希望を持ち続ける少女の姿に胸が熱くなること必至の真実の物語です。

ヒトラーに盗られたうさぎ

ヒトラーに盗られたうさぎ

3.7 119分 | 2019年 | G

「名もなきアフリカの地で」のカロリーヌ・リンク監督作

すべてを失っても希望を持ち続ける少女の姿に胸が熱くなること必至の真実の物語です。

ドイツの絵本作家ジュディス・カーが少女時代の体験を基につづった自伝的小説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」を、「名もなきアフリカの地で」のカロリーヌ・リンク監督が映画化。1933年2月。ベルリンで両親や兄と暮らす9歳のアンナは、ある朝突然、「家族でスイスに逃げる」と母から告げられる。新聞やラジオでヒトラーへの痛烈な批判を展開していた演劇批評家でユダヤ人でもある父は、次の選挙でのヒトラーの勝利が現実味を帯びてきたことに身の危険を感じ、密かに亡命の準備を進めていたのだ。持ち物は1つだけと言われたアンナは大好きなピンクのうさぎのぬいぐるみに別れを告げ、過酷な逃亡生活へと踏み出していく。アンナの父を「帰ってきたヒトラー」のオリバー・マスッチ、母を「ブレードランナー 2049」のカーラ・ジュリ、心優しいユリウスおじさんを「お名前はアドルフ?」のユストゥス・フォン・ドーナニーが演じた。

全文を読む

監督: カロリーヌ・リンク
製作: ヨヘン・ラウベ ファビアン・マウバッフ
原作: ジュディス・カー
出演: リーバ・クリマロフスキオリバー・マスッチカーラ・ジュリマリヌス・ホーマンウルスラ・べルナーユストゥス・フォン・ドーナニーアンヌ・ベネントベンヤミン・サドラー
英題:Als Hitler das rosa Kaninchen stahl
ドイツ / ドイツ語
(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH / NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

全て見る

映画レビュー

高森 郁哉

PRO

拍子抜けするほどのポジティブ感が、コロナの時代にちょうどいい

高森 郁哉さん | 2020年11月30日 | PCから投稿

ナチスドイツ期、ユダヤ人少女が家族と共に亡命して外国を転々…と聞けば深刻で重い話かと身構えそうだが、拍子抜けするほどポジティブな感覚が優勢だ。原作は絵本作家ジュディス・カーが少女時代の体験を基にした小説。父親がヒトラーへの痛烈な批判を展開してきたせいで弾圧される前に、家族共々スイス、仏、英国へと移り住む。

アンナ役は候補約千人から見出され映画初出演で主役を射止めたリーバ・クリマロフスキ。「キック・アス」の頃のクロエ・グレース・モレッツか、ジュリエット・ビノシュの子供の頃を思わせる利発そうな顔立ちで、兎のぬいぐるみや住み慣れた家など大好きなものに別れを告げる姿が切なくも愛らしい。外国の言葉で当然苦労するし、貧しい暮らしも変わらないが、前向きに努力して克服する。受難の日々というより家族総出の冒険生活風で、そんなポジティブさがコロナの暗い時代にちょうどいい。あと、スイスの山村からの景観が絶品。

牛津厚信

PRO

少女のみずみずしい視点が貫かれた秀作

牛津厚信さん | 2020年11月24日 | PCから投稿

そのしなやかな感触に心奪われた。ナチスが勢力を拡大する時代を描いた作品なのに、ここには軍服を着た兵士の姿は登場しなければ、目の前で人が殺されることもない。国を転々とする主人公にとって、祖国ドイツの状況は手紙や電話によって知らされるのみ。かくも本作をあくまで少女のみずみずしい「旅人」としての視点で貫き通したところに感服する。これは彼女が何を見つめ、何を感じ、いかなる旅路を経て少女期を送ったのかを、感性豊かに描いた作品。絵本作家ジュディス・カーの作品に親しんで育った人にとっては感慨もひとしおとなるはずだ。いかなる異世界にも意欲的に飛び込みつつ、同時にその文化を客観的に見つめようとする意識。どんなに暮らしが困窮しようとも、家族がいつも共にあろうとする姿勢。そのすべてに彼女の生きざま、そして絵本作品に通底するものを感じる。度々口にする「アウフヴィーダーゼーン(さようなら)」という言葉が胸に残った。

映画レビュー

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2020年11月30日 | PCから投稿

拍子抜けするほどのポジティブ感が、コロナの時代にちょうどいい

ナチスドイツ期、ユダヤ人少女が家族と共に亡命して外国を転々…と聞けば深刻で重い話かと身構えそうだが、拍子抜けするほどポジティブな感覚が優勢だ。原作は絵本作家ジュディス・カーが少女時代の体験を基にした小説。父親がヒトラーへの痛烈な批判を展開してきたせいで弾圧される前に、家族共々スイス、仏、英国へと移り住む。

アンナ役は候補約千人から見出され映画初出演で主役を射止めたリーバ・クリマロフスキ。「キック・アス」の頃のクロエ・グレース・モレッツか、ジュリエット・ビノシュの子供の頃を思わせる利発そうな顔立ちで、兎のぬいぐるみや住み慣れた家など大好きなものに別れを告げる姿が切なくも愛らしい。外国の言葉で当然苦労するし、貧しい暮らしも変わらないが、前向きに努力して克服する。受難の日々というより家族総出の冒険生活風で、そんなポジティブさがコロナの暗い時代にちょうどいい。あと、スイスの山村からの景観が絶品。

牛津厚信

牛津厚信さん PRO
2020年11月24日 | PCから投稿

少女のみずみずしい視点が貫かれた秀作

そのしなやかな感触に心奪われた。ナチスが勢力を拡大する時代を描いた作品なのに、ここには軍服を着た兵士の姿は登場しなければ、目の前で人が殺されることもない。国を転々とする主人公にとって、祖国ドイツの状況は手紙や電話によって知らされるのみ。かくも本作をあくまで少女のみずみずしい「旅人」としての視点で貫き通したところに感服する。これは彼女が何を見つめ、何を感じ、いかなる旅路を経て少女期を送ったのかを、感性豊かに描いた作品。絵本作家ジュディス・カーの作品に親しんで育った人にとっては感慨もひとしおとなるはずだ。いかなる異世界にも意欲的に飛び込みつつ、同時にその文化を客観的に見つめようとする意識。どんなに暮らしが困窮しようとも、家族がいつも共にあろうとする姿勢。そのすべてに彼女の生きざま、そして絵本作品に通底するものを感じる。度々口にする「アウフヴィーダーゼーン(さようなら)」という言葉が胸に残った。