サムシング・イン・ザ・ダート

   116分 | 2022年 | G

ジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドが製作・監督・主演

ロサンゼルスの街に巣食う謎に囚われた2人の男の運命を、予測不能な展開と独創的な映像で描いたミステリー映画。

スクリーン1
配信開始:2024年3月6日(水)~

 字幕版 】 550円

「アルカディア」のジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドが製作・監督・主演を務め、ロサンゼルスの街に巣食う謎に囚われた2人の男の運命を、予測不能な展開と独創的な映像で描いたミステリー映画。

ロサンゼルス近郊の古アパートに引越してきたリーヴァイは、中庭で隣人のジョンと出会い意気投合する。ある日2人は、リーヴァイの部屋に置かれていた結晶体が妖しい光を湛えながら浮遊する奇妙な現象を目撃する。彼らは恐れおののきながらも、この現象を証明するドキュメンタリー映画を制作して一獲千金を狙うことに。やがて2人はロサンゼルス各所で手がかりを発見するが、次々と不可解な出来事に見舞われていく。

ベンソン監督がリーヴァイ役と脚本、ムーアヘッド監督がジョン役と撮影を担当。2022年・第55回シッチェス・カタロニア国際映画祭でホセ・ルイス・グァルネル批評家賞を受賞した。

全文を読む

映画レビュー

高森 郁哉

PRO

「アルカディア」の監督コンビがロックダウン下で撮った低予算のDIY映画

高森 郁哉さん | 2023年12月13日 | PCから投稿

ジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドの監督コンビは2012年のデビュー作「キャビン・イン・ザ・ウッズ」以来、この最新作を含む長編監督作5本でいずれも、大まかにホラー/SFにジャンル分けされるB級テイストの映画を撮り続けてきた。「モンスター 変身する美女」「アルカディア」「シンクロニック」(ちなみにこの3本はAmazon Prime Videoのサブスクで鑑賞可能)はいずれもそこそこの予算規模を感じさせる出来だったが、2020年の新型コロナのロックダウンに直面し、さまざまな制約のなか自分たち2人を含むごく少人数のチームで出演から撮影から何でもこなすDIY感覚で「サムシング・イン・ザ・ダート」を作ることにしたという。

今作では超常現象と陰謀論を扱っていて、モキュメンタリー的な要素もある。監督コンビの過去作の中では「アルカディア」といくつかのリンクが認められる。予備知識なしで観たら映画学科の学生が撮った自主制作映画のようなチープさに面食らうかもしれないが、彼らの作風が好きな人なら「制約が多く予算も限られるなかでがんばったな」と評価できるのではないか。