同じ下着を着るふたりの女

   139分 | 2021年 | G

第26回釜山国際映画祭で5部門を受賞した新鋭キム・セイン監督作品

互いを完全に愛することも憎むこともできない母娘の複雑な心情を真摯に描いた人間ドラマ。

スクリーン1
配信開始:2024年3月1日(金)~

 字幕版 】 550円

互いを完全に愛することも憎むこともできない母娘の複雑な心情を、韓国の新鋭キム・セインが同じ女性ならではの視点で真摯に描いた人間ドラマ。

団地に暮らす20代後半の娘イジョンとその母スギョン。若くしてシングルマザーとなったスギョンは娘が幼い頃からつらく当たり、イジョンはそんな母に対して積年の恨みを抱えていた。ある日、2人はスーパーの駐車場でケンカになり、車から飛び出したイジョンをスギョンが轢いてしまう。スギョンは車が突然発進したと警察に説明するがイジョンは故意の事故だと主張し、母を相手に裁判を起こす。そんな中、イジョンは職場の同僚スヒの優しさに触れ、彼女に癒しを求めるように。一方のスギョンも恋人ジョンヨルとの再婚話が進み、母娘はそれぞれの道を歩むかに見えたが……。

2021年・第26回釜山国際映画祭で5部門を受賞。2022年・第23回東京フィルメックス・コンペティション部門出品。

全文を読む

監督: キム・セイン
脚本: キム・セイン
出演: イム・ジホヤン・マルボクチョン・ボラムヤン・フンジュ
英題:The Apartment with Two Women
韓国 / 韓国語
Korean Academy of Film Arts

全て見る