'96

   158分 | 2018年

タミル語映画界の野生派スター、ヴィジャイ・セードゥパティ主演のヒット作

高校の級友たちが20年ぶりに集まった同窓会から蘇る1996年の切ない初恋の思い出を描き、多くの評論家が大絶賛した。

高校の級友たちが20年ぶりに集まった同窓会。そこから蘇る1996年の切ない初恋の思い出。タミル語映画界の野生派スター、ヴィジャイ・セードゥパティが、シャイで知的な主人公を演じ観客を驚かせ、多くの評論家が大絶賛したヒット作。

高校1年の頃、恋するジャーナキとやっと付き合い始めたばかりだったラームは、家庭の事情で別れも告げずに転校してしまう。現在は写真家として活躍するラームが、当時の同級生に連絡を取ったことから、高校卒業後20年経って初めての同窓会が開かれることになる。結婚してシンガポールに住むジャーナキも出席すると言う。だが、久しぶりの再会でも、ジャーナキを前にすると何も言えないラーム。同窓会終了後2人きりになれたものの、ジャーナキが乗る早朝の帰国便の時間は迫っていた…。

全文を読む