真夜中乙女戦争

   113分 | 2022年 | G

永瀬廉(King&Prince)主演で新鋭作家Fの同名小説を実写映画化!

若者が漠然と抱く悩みや不安、退屈な未来に抗おうとする“青春のあがき”を描いた“最高に過激で美しい夜更かし”の物語。

スクリーン1
配信開始:2022年8月17日(水)~

550円

若者を中心に圧倒的支持を集める作家Fの小説「真夜中乙女戦争」を、「弱虫ペダル」の永瀬廉(King&Prince)主演で実写映画化。上京して1人暮らしを始めた大学生の“私”は、友達も恋人もできず鬱屈とした日々を送っていた。そんな中、「かくれんぼ同好会」で出会った冷酷で聡明な“先輩”に惹かれていく。さらに、圧倒的カリスマ性で他人の心を一瞬で掌握してしまう謎の男“黒服”との出会いにより、退屈だった私の日常は一変。始めは他愛のないイタズラを繰り返す彼らだったが、ささやかだった反逆は次第に過激さを増し、「真夜中乙女戦争」という名の東京破壊計画へと発展していく。“先輩”を「貞子」の池田エライザ、“黒服”を「アルキメデスの大戦」の柄本佑が演じる。監督・脚本は「チワワちゃん」の二宮健。

全文を読む

監督: 二宮健
原作: F
脚本: 二宮健
出演: 永瀬廉池田エライザ篠原悠伸安藤彰則山口まゆ佐野晶哉成河渡辺真起子柄本佑小島健
日本 / 日本語
(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

全て見る

映画レビュー

大塚史貴

PRO

新感覚の胸くそ悪さに観客を誘い込む永瀬廉、池田エライザ、柄本佑の調和力

大塚史貴さん | 2022年1月7日 | PCから投稿

完結にひと言で申し上げると、「新感覚の胸くそ悪さ溢れる映画」。

同名原作は若者を中心に支持を集めているので読了の方も多いだろうが、映像にしてみると一味異なる印象を作品全体が覆っている。
登場人物はほぼ3人。上京したての大学生・私役の永瀬、聡明で正義感の強いな先輩役の池田、圧倒的なカリスマ性で他人の心を一瞬で掌握する謎の男・黒服役の柄本。

芝居場としては永瀬が池田、柄本の両方と絡むが、受け身の役どころを抑え気味でよく演じている。
池田は大学4年生のアンニュイな雰囲気を漂わせながら、ジャズスタンダードナンバーを熱唱している。柄本は言わずもがな、それが計算なのか否か分からない難解さを醸し出している。

悪戯の制御が効かなくなったとき、胸くそ悪さは不意にやってくる。