アイの歌声を聴かせて

   108分 | 2021年 | G

「サカサマのパテマ」「イヴの時間」の吉浦康裕監督によるオリジナル長編アニメ

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメント。

プレミアムスクリーン
配信期間:2022年3月11日(金)~6月10日(金)

「サカサマのパテマ」「イヴの時間」の吉浦康裕が原作・脚本・監督を務めたオリジナル長編アニメーション。景部市高等学校に転入してきたシオンは、登校初日、クラスで孤立しているサトミに「私がしあわせにしてあげる!」と話しかけ、ミュージカルさながらに歌い出す。勉強も運動も得意で底抜けの明るさを持つシオンはクラスの人気者になるが、予測不能な行動で周囲を大騒動に巻き込んでしまう。一途にサトミのしあわせを願うシオンの歌声は、孤独だったサトミに変化をもたらし、いつしかクラスメイトたちの心も動かしていく。声の出演は、不思議な転校生シオンを土屋太鳳、クラスメイトのサトミを福原遥、サトミの幼なじみで機械マニアのトウマを工藤阿須加が担当。「コードギアス」シリーズの大河内一楼が共同脚本、「海辺のエトランゼ」の漫画家・紀伊カンナがキャラクター原案、「とある魔術の禁書目録」シリーズのJ.C.STAFFがアニメーション制作を手がけた。

全文を読む

監督: 吉浦康裕
原作: 吉浦康裕
脚本: 吉浦康裕 大河内一楼
出演: 土屋太鳳福原遥工藤阿須加興津和幸小松未可子日野聡大原さやか浜田賢二津田健次郎咲妃みゆカズレーザー
日本 / 日本語
(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

全て見る

映画レビュー

杉本穂高

PRO

完全さと不完全さ

杉本穂高さん | 2021年11月30日 | PCから投稿

AIの人型ロボットが転校してきて、主人公を幸せにしようとする。ロボットと人間の友情ものはよくある定番なのだが、その定番通りに、このAIもかなり突飛な行動ばかりとって、主人公を翻弄する。この突飛な行動を、ミュージカルの突然歌い出すことと結び付けているのが良い発想だ。ミュージカルを苦手とする人は、どうして突然歌い出すのかわからなくて困惑してしまうのだが、登場人物たちもそれと同じ感覚でいるので、観客もその突然さを受け止めて驚けばいいのである。
この映画は、そもそも「完璧」とはどういうことかを問いかける仕掛けになっている。一見、ポンコツでも実は深い計算のもとに成り立つ行動だったとしたら・・・。主人公を幸せにするという目標に向けて、高度な選択をしているのだとしたら・・・。
作中で、「弱いAI」と「強いAI」の比較が出てくる。簡単にいうと、「弱いAI」は単純な計算を命令通りにやるもので、強いAIはより自立して計算し、行動するものを指す。強いAIの方が当然高性能なのだが、その計算力は人間を超えるのだとしたら、人から見たらポンコツな行動ばかりしているように見えるかもしれない。
ロボットの完全さとは、人間の不完全なところまで再現してこそ、という考え方もある。不完全さをプログラムすることは、複雑な計算をこなすプログラムよりもはるかに難しい。完全と不完全のパラドックスを軸に絆を育むことを描いたこの作品は、今後、ロボットやAIに囲まれて暮らす私たちの生活のヒントがたくさんある。

高橋直樹

PRO

嬉しくて、切なくて、いじらしくて、一生懸命で不器用な青春

高橋直樹さん | 2021年11月19日 | PCから投稿

ネタバレ

クリックして本文を読む
村山章

PRO

AIが果たす役割についての寓話。

村山章さん | 2021年11月16日 | PCから投稿

ネタバレ

クリックして本文を読む