皮膚を売った男

   104分 | 2020年 | G

第77回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門男優賞受賞

実際のアート作品から着想を得て人間の本質をユーモアを交えて描いた想像もつかない物語。

チュニジアの女性監督カウテール・ベン・ハニアが、「もしも生身の人間が芸術作品となり、売買の対象になったら」という設定のもと、移民・難民問題をめぐる偽善や現代アートに関する知的欺瞞を風刺し、理不尽な世界の在りようをユーモアたっぷりに描いた人間ドラマ。内戦の続くシリアから脱出し、難民となったサムは、現代アートの巨匠から驚くべき提案を受ける。それは、サム自身がアート作品になるというものだった。大金と自由を手に入れる代わりに背中にタトゥーを施し、「アート作品」なったサムは、高額で取引される身となる。売買され国境を越えたサムは、やがて恋人に会いに行くのだが……。第77回ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門男優賞受賞。第93回アカデミー国際長編映画賞ノミネート。

全文を読む

監督: カウテール・ベン・ハニア
脚本: カウテール・ベン・ハニア
撮影: クリストファー・アウン
出演: ヤヤ・マへイニディア・リアンケーン・デ・ボーウモニカ・ベルッチサード・ロスタンダリナ・アル・ジュンディビム・デルボア
英題:L'Homme qui a vendu sa peau
チュニジア,フランス,ベルギー,スウェーデン,ドイツ,カタール,サウジアラビア / アラビア語、英語、フランス語
(C)2020 – TANIT FILMS – CINETELEFILMS – TWENTY TWENTY VISION – KWASSA FILMS – LAIKA FILM & TELEVISION – METAFORA PRODUCTIONS - FILM I VAST - ISTIQLAL FILMS - A.R.T - VOO & BE TV

全て見る

映画レビュー

駒井尚文(映画.com編集長)

PRO

人体にアートを刻まれた男がたどる運命

駒井尚文(映画.com編集長)さん | 2022年2月3日 | PCから投稿

監督が実際に美術展で見たタトゥーの作品がモチーフになったそうですが、「人体にアートを刻まれた男がたどる運命」というワンアイディアで、こんなに波瀾万丈なストーリーを作れるのかと感動しました。もの凄いハイコンセプトな作品です。チュニジアの女性監督、カウテール・ベン・ハニアの作品で、日本では彼女の映画が公開されるのは初めてです。モニカ・ベルッチが重要な役どころで出演しているのも驚き。2021年のアカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされましたが、それも当然のクオリティーです。オスカー受賞して欲しかった。

牛津厚信

PRO

現代の寓話を超えたところにあるもの

牛津厚信さん | 2021年11月25日 | PCから投稿

ネタバレ

クリックして本文を読む
清藤秀人

PRO

難民問題に現代アートを絡めてみたら

清藤秀人さん | 2021年11月10日 | iPhoneアプリから投稿

シリア内戦の影響で祖国を追われ、恋人との関係も絶たれた男は、ヨーロッパ在住ビザを手にして、各地を渡り歩く。こう書けば実にハッピーな話なのだが、彼が手に入れたのは何と、背中に刻印されたタトゥのビザ。男の美しい広背筋に惚れ込んだアーティストが挑んだ究極の現代アートが、一旦は男にかりそめの自由をもたらすのだが。。。。。

しかし、買い手やキュレーターの意図によって動かされ、そもそも見せ物でしかないことにうんざりした男は、やがて、引き離された恋人と本当の自由を手に入れるために、とんでもない行動に打って出る。

シリア難民の現実をそのまま映すのではなく、軽々と国境を越えられるアートと越えられない生身の人間とをうまく対比させた挙句、想定外の結末まで用意した、これは難民問題を扱ったこのジャンルの画期的作品。何しろ、先が読めないストーリーはエンタメ的な楽しみすらある。

主演のヤヤ・マヘイニはシリア人の俳優で脚本家でもある。怒りと共にカメラを見据える眼差しは強烈で、姿勢によって変わる背中の表情と共に、しばらく忘れられない存在になりそうだ。

Dan Knighton

PRO

Satire on the Art World a la The Square

Dan Knightonさん | 2021年10月13日 | PCから投稿

From a salesman's point of view, The Man Who Sold His Skin is nearly a carbon copy of The Square, acting as a parody of the art world with bizarre situations unfolding on screen. But the film has a little more heart with a love story at its center, and it often teeters the other way from silliness to lighthearted drama. With a Tunisian female filmmaker, it's some fresh directorial perspective.