ダムネーション

   87分 | 2014年

【サステナブル未来映画祭セレクション】役立たずのダムを取り壊せ! ※映画祭最終日

すべては川の自由のために。常識を覆した挑戦者たちの姿を追ったドキュメンタリー。

配信は終了しました。

無駄なダムを撤去し、川の自由を取り戻そうと活動を続けてきた者たちの姿を追ったドキュメンタリー。アメリカ全土に建設された7万5000基ものダムは、本来あった川の姿を変貌させ、魚を絶滅させ、生態系に影響を与えた。しかし、多くのダムでは期待されるほどの発電、灌漑(かんがい)、洪水防止の効果を得られておらず、維持には高いコストもかかっている。そんな負の側面ばかりのダムを撤去し、地球の血管とも言われる川を解放しようと活動する人々の挑戦を通し、人間も自然の一部であることや、技術によって自然を征服するのではない、新たな未来への可能性を見出していく。アウトドア用品メーカー「パタゴニア」の創設者イボン・シュイナードが、製作に名を連ねている。

全文を読む

監督: ベン・ナイト トラビス・ラメル
製作: マット・シュテッカー トラビス・ラメル
製作総指揮: イボン・シュイナード
英題:DamNation
アメリカ / 英語
(C)Ben Knight

全て見る

映画レビュー

駒井尚文(映画.com編集長)

PRO

ダムにグラフィティを描くアーティストが印象的。エンディングも最高

駒井尚文(映画.com編集長)さん | 2022年1月25日 | PCから投稿

全米中に建造されたダムの多くが、役に立たなくなっているばかりか、生態系に深刻な影響を与えている現実と、それを問題視して対策しようと活動している人たちに迫ったドキュメンタリー。パタゴニアがサポートしているせいか、製作費が潤沢にあるのが分かるし、映像もダイナミックで見応えがあります。このダムの問題は、アメリカだけじゃなくて日本にも、世界中にも存在する問題なんでしょうね。バンクシーみたいに、ダムに忍び込んでグラフィティを描くアーティストが印象的でした。その流れで迎えるエンディングも最高です。