グレタ ひとりぼっちの挑戦

   101分 | 2020年 | G

【サステナブル未来映画祭セレクション】グレタ・トゥーンベリに迫るドキュメンタリー

スウェーデンの若き環境活動家グレタが気候行動サミットで涙ながらに世界に訴えたスピーチの1年以上前から密着。

グレタ ひとりぼっちの挑戦

101分 | 2020年 | G

【サステナブル未来映画祭セレクション】グレタ・トゥーンベリに迫るドキュメンタリー

スウェーデンの若き環境活動家グレタが気候行動サミットで涙ながらに世界に訴えたスピーチの1年以上前から密着。

お得な前売りチケット発売中

配信開始前の視聴チケットを、特別割引価格で購入できます。

※ 2022年1月27日(木) までの期間限定価格!

【特別割引価格】前売りチケットを購入

※ 2022年1月28日 から本ページで視聴できます

一般チケット(1月28日~販売開始)

プレミアムスクリーン
配信期間: 2022年1月28日(金)~ 2月3日(木)

 字幕版 】 1,200円

スウェーデンの若き環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー。2018年8月、当時15歳のグレタは気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、たったひとりで国会議事堂前に座り込み、学校ストライキを始めた。毎週金曜日に行っていたこの活動は世界中の多くの若者の心を動かし、数カ月のうちに国内外へ広がる一大ムーブメントとなった。その後、2019年のニューヨーク国連本部での気候行動サミットで涙ながらに訴えたスピーチで、グレタはさらに注目を浴びる存在となっていく。映画では、気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持つ彼女が国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのエマニュエル・マクロン大統領、ローマ教皇ら世界のリーダーたちと議論を重ねる姿を捉えると同時に、世界的に注目を集める1年以上も前から彼女に密着し、動物たちと戯れるリラックスした姿や、自身のアスペルガーの症状について冷静に分析する様子、重圧と向き合い葛藤する姿、そして彼女の行動を支える家族の姿も映し出す。

全文を読む

映画レビュー

高森 郁哉

PRO

アスペルガーという個性が、温暖化に苦戦する世界の“ジャンヌ・ダルク”を生んだ

高森 郁哉さん | 2021年10月31日 | PCから投稿

スウェーデンで生まれ育ったグレタ・トゥーンベリ、2018年8月当時15歳。気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、1人で国会議事堂前に座り込んで学校ストライキを始めた初日から、本作のカメラは彼女の姿を追う。グレタに賛同して座り込む若者たちが増え、SNSで拡散したことで、彼女の影響力は国境を超える広がりを見せる。早急な温暖化対策を訴え毎週金曜日にデモを行う「Fridays For Future」(FFF)など、賛同者は今や世界で700万人に及ぶという。

このドキュメンタリーは、グレタが抱えるアスペルガー症候群についても率直に伝えている。症状の中に、ひとつの物事に執着する、こだわり続けるという特徴があるそうだが、それこそが彼女が気候危機にこだわり続け、若くして気候正義のムーブメントを主導する存在にまでなった要因であったことを本作は教えてくれる。

周知のように、“地球温暖化との戦い”は長らく苦戦が続いているが、グレタは敗色濃厚で意気消沈していた人々や、未来に対して無力だと感じていた若者たちを奮い立たせたという意味で、百年戦争で劣勢だったフランス軍を導き奇跡の逆転をもたらしたジャンヌ・ダルクのような存在になるのかもしれない。ただしグレタは、温暖化を否定する大人たちの多くから反感も買っていて、殺害予告まで届いているという。ジャンヌ・ダルク同様に殉教者となることだけは、あってはならない。

駒井尚文(映画.com編集長)

PRO

アンチも多いが、グレタちゃんは本物だと痛感

駒井尚文(映画.com編集長)さん | 2021年10月1日 | PCから投稿

国連での怒りのスピーチであまりにも有名になったグレタちゃん。環境問題を若者の立場から辛辣に発言し、「若いのに生意気だ」などアンチなオヤジも多数呼びよせてしまった彼女ですが、このドキュメンタリーは、国連に呼ばれるずっと前、スウェーデンで登校拒否ストライキをたった1人で行っていた頃からの密着案件です。世界中で人気者になっていますが、その反面、本人の葛藤もシリアスです。これ見て、応援したくなりました。ブレずに成長して欲しい。

映画レビュー

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2021年10月31日 | PCから投稿

アスペルガーという個性が、温暖化に苦戦する世界の“ジャンヌ・ダルク”を生んだ

スウェーデンで生まれ育ったグレタ・トゥーンベリ、2018年8月当時15歳。気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、1人で国会議事堂前に座り込んで学校ストライキを始めた初日から、本作のカメラは彼女の姿を追う。グレタに賛同して座り込む若者たちが増え、SNSで拡散したことで、彼女の影響力は国境を超える広がりを見せる。早急な温暖化対策を訴え毎週金曜日にデモを行う「Fridays For Future」(FFF)など、賛同者は今や世界で700万人に及ぶという。

このドキュメンタリーは、グレタが抱えるアスペルガー症候群についても率直に伝えている。症状の中に、ひとつの物事に執着する、こだわり続けるという特徴があるそうだが、それこそが彼女が気候危機にこだわり続け、若くして気候正義のムーブメントを主導する存在にまでなった要因であったことを本作は教えてくれる。

周知のように、“地球温暖化との戦い”は長らく苦戦が続いているが、グレタは敗色濃厚で意気消沈していた人々や、未来に対して無力だと感じていた若者たちを奮い立たせたという意味で、百年戦争で劣勢だったフランス軍を導き奇跡の逆転をもたらしたジャンヌ・ダルクのような存在になるのかもしれない。ただしグレタは、温暖化を否定する大人たちの多くから反感も買っていて、殺害予告まで届いているという。ジャンヌ・ダルク同様に殉教者となることだけは、あってはならない。

駒井尚文(映画.com編集長)

駒井尚文(映画.com編集長)さん PRO
2021年10月1日 | PCから投稿

アンチも多いが、グレタちゃんは本物だと痛感

国連での怒りのスピーチであまりにも有名になったグレタちゃん。環境問題を若者の立場から辛辣に発言し、「若いのに生意気だ」などアンチなオヤジも多数呼びよせてしまった彼女ですが、このドキュメンタリーは、国連に呼ばれるずっと前、スウェーデンで登校拒否ストライキをたった1人で行っていた頃からの密着案件です。世界中で人気者になっていますが、その反面、本人の葛藤もシリアスです。これ見て、応援したくなりました。ブレずに成長して欲しい。