グッバイ、リチャード!

グッバイ、リチャード!

3.5    91分 | 2018年 | R15+
グッバイ、リチャード!

グッバイ、リチャード!

3.5 91分 | 2018年 | R15+

ジョニー・デップが主演を務め、余命180日の大学教授が残された時間をありのままに生きることで人生の愛おしさを見いだしていく姿をユーモラスに描いたヒューマンドラマ。美しい妻や素直な娘と何不自由ない暮らしを送る大学教授リチャードは、医師から突然の余命宣告を受ける。追い打ちをかけるように妻から不倫を告白され、死を前に怖いものなしとなった彼は、残りの人生を自分のために謳歌することを決意。ルールや立場に縛られない新しい生き方はこれまでにない喜びをリチャードに与え、そんな彼の自由な言動は周囲にも影響を及ぼしていくが……。共演は「レイチェルの結婚」のローズマリー・デウィット、「ゾンビランド ダブルタップ」のゾーイ・ドゥイッチ、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストン。

全文を読む

映画レビュー

清藤秀人

PRO

余命を宣告されていっそう自由奔放な大学教授!?

清藤秀人さん | 2020年8月31日 | PCから投稿

病で余命を宣告された主人公たちは、様々な方法で人生の最後を締め括ろうとする。ジタバタせず時の流れに身を任せたり、自暴自棄になったり、旅に出たり、等々。しかし、ジョニー・デップが演じる大学教授のリチャードの場合は、ちょっと違う。自分のゼミを受講する学生を片っ端から追い出したり、酒やドラッグでヘロヘロになったり、××××したり、等々、自暴自棄に自由奔放さと、常に真顔な分、独特のユーモアと、さらにペーソスが追加されるのだ。何よりも、常識にとらわれない破天荒な行いは、役の設定を飛び越してジョニー・デップ本人をイメージさせて独壇場なのだ。惜しむらくは、前半のぶっ飛びぶりに比べて、後半が若干凡庸な展開になること。だが、それも含めて、キャラクターアクター(性格俳優)と呼ばれて久しいジョニー・デップならでは個性が詰まった久々の日本公開作なのだった。

高森 郁哉

PRO

年々増えてきた“終活もの”の1本

高森 郁哉さん | 2020年8月26日 | PCから投稿

ジョニー・デップにしては珍しく、小規模予算のインディペンデント映画での主演。ティム・バートン監督作での奇人変人、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジャック・スパロウといった濃い劇画的なキャラや、ギャングやスパイなどハリウッドスターなら誰でもやりそうな役を延々とこなし続け、そろそろいい歳だし“普通の男”を演じてみたいと思ったのか。

重病で余命宣告を受けた主人公が、しがらみや建前や世の決まり事に縛られる生き方を改め、思ったことを言いやりたいことをやって限りある生を謳歌するという、まあありがちな筋。デップが演じることでユーモアとペーソスがおのずと立ち上がるし、たとえばゲイの教え子によるアプローチへの反応などは今どきのセンスを感じさせる。これが2本目の監督作で脚本も兼ねたウェイン・ロバーツの演出は、それなりに手堅さはあるものの、個性を発揮するには至っていない印象だ。

映画レビュー

清藤秀人

清藤秀人さん PRO
2020年8月31日 | PCから投稿

余命を宣告されていっそう自由奔放な大学教授!?

病で余命を宣告された主人公たちは、様々な方法で人生の最後を締め括ろうとする。ジタバタせず時の流れに身を任せたり、自暴自棄になったり、旅に出たり、等々。しかし、ジョニー・デップが演じる大学教授のリチャードの場合は、ちょっと違う。自分のゼミを受講する学生を片っ端から追い出したり、酒やドラッグでヘロヘロになったり、××××したり、等々、自暴自棄に自由奔放さと、常に真顔な分、独特のユーモアと、さらにペーソスが追加されるのだ。何よりも、常識にとらわれない破天荒な行いは、役の設定を飛び越してジョニー・デップ本人をイメージさせて独壇場なのだ。惜しむらくは、前半のぶっ飛びぶりに比べて、後半が若干凡庸な展開になること。だが、それも含めて、キャラクターアクター(性格俳優)と呼ばれて久しいジョニー・デップならでは個性が詰まった久々の日本公開作なのだった。

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2020年8月26日 | PCから投稿

年々増えてきた“終活もの”の1本

ジョニー・デップにしては珍しく、小規模予算のインディペンデント映画での主演。ティム・バートン監督作での奇人変人、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジャック・スパロウといった濃い劇画的なキャラや、ギャングやスパイなどハリウッドスターなら誰でもやりそうな役を延々とこなし続け、そろそろいい歳だし“普通の男”を演じてみたいと思ったのか。

重病で余命宣告を受けた主人公が、しがらみや建前や世の決まり事に縛られる生き方を改め、思ったことを言いやりたいことをやって限りある生を謳歌するという、まあありがちな筋。デップが演じることでユーモアとペーソスがおのずと立ち上がるし、たとえばゲイの教え子によるアプローチへの反応などは今どきのセンスを感じさせる。これが2本目の監督作で脚本も兼ねたウェイン・ロバーツの演出は、それなりに手堅さはあるものの、個性を発揮するには至っていない印象だ。