ある画家の数奇な運命

ある画家の数奇な運命

3.8    189分 | 2018年 | R15+
ある画家の数奇な運命

ある画家の数奇な運命

3.8 189分 | 2018年 | R15+

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


ナチ政権下のドイツ。少年クルトは叔母の影響から芸術に親しむ日々を送っていた。ところが、精神のバランスを崩した叔母は強制入院の果て、安楽死政策により命を奪われる。終戦後、クルトは東ドイツの美術学校に進学し、エリーと恋におちる。彼女の父親こそが叔母を死へと追い込んだ張本人なのだが、その残酷な運命に気づかぬまま二人は結婚する。ベルリンの壁が築かれる直前、西ドイツへ逃亡するも、作品を全否定され、もがき苦しむも、魂に刻む叔母の言葉「真実はすべて美しい」を信じ続けるクルトだったが―。

全文を読む

映画レビュー

高森 郁哉

PRO

「事実は小説より奇なり」を地で行くリヒターの人生

高森 郁哉さん | 2020年9月29日 | PCから投稿

美術の世界に疎く、現代美術の巨匠と評されるゲルハルト・リヒターのこともほとんど知らなかったが、リヒターの叔母がナチスの障害者安楽死政策で命を奪われたこと、妻の父親がナチ高官で安楽死政策の加害者だったことは事実だという。なるほど“数奇な運命”だが、ドナースマルク監督はリヒター本人に取材し映画化権を取りつける際、「映画の中で何が真実で何が創作かを明かさない」との条件をつけられたとか。3時間超の長尺に、ナチスの戦争犯罪とその犠牲者、東西ドイツ分断期の世相、新たな表現を追求する芸術家の生きざまなど多くが詰め込まれたが、“何が真実か”を観客に委ねる本作は、大局的に見るとドナースマルクの映画制作を介したリヒターの芸術表現の一環なのではという妄想さえ抱かせる。

クルト役のトム・シリングと、叔母役のザスキア・ローゼンダールは良かったが、妻エリーを演じた女優がやや魅力不足なのが惜しい。

映画レビュー

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2020年9月29日 | PCから投稿

「事実は小説より奇なり」を地で行くリヒターの人生

美術の世界に疎く、現代美術の巨匠と評されるゲルハルト・リヒターのこともほとんど知らなかったが、リヒターの叔母がナチスの障害者安楽死政策で命を奪われたこと、妻の父親がナチ高官で安楽死政策の加害者だったことは事実だという。なるほど“数奇な運命”だが、ドナースマルク監督はリヒター本人に取材し映画化権を取りつける際、「映画の中で何が真実で何が創作かを明かさない」との条件をつけられたとか。3時間超の長尺に、ナチスの戦争犯罪とその犠牲者、東西ドイツ分断期の世相、新たな表現を追求する芸術家の生きざまなど多くが詰め込まれたが、“何が真実か”を観客に委ねる本作は、大局的に見るとドナースマルクの映画制作を介したリヒターの芸術表現の一環なのではという妄想さえ抱かせる。

クルト役のトム・シリングと、叔母役のザスキア・ローゼンダールは良かったが、妻エリーを演じた女優がやや魅力不足なのが惜しい。