ファヒム パリが見た奇跡

ファヒム パリが見た奇跡

3.6    107分 | 2019年 | G
ファヒム パリが見た奇跡

ファヒム パリが見た奇跡

3.6 107分 | 2019年 | G

プレミアムスクリーン
 |  配信期間: 2021年4月8日(木)~ 5月6日(木)

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


政変が続くバングラデシュ・ダッカ。ファヒムがチェス大会で勝利を重ねていたことへの妬みなどが原因で、一家は脅迫を受けるようになり、父親はファヒムを連れてフランス・パリへ脱出した。難民センターに身を寄せた父子は、チェスのトップコーチであるシルヴァンと出会い、チェスのトーナメントを目指して信頼関係を築いていく。しかし、一方で、難民申請を却下されたファヒムの父親は、身の置き所がなくなり姿を消してしまう…。

全文を読む

映画レビュー

高森 郁哉

PRO

欧州でのインド圏民族の受容を描く映画の系譜として

高森 郁哉さん | 2020年8月25日 | PCから投稿

ここではインド、パキスタン、バングラデシュを歴史的背景から「インド圏」と書くが、欧州の地でインド圏民族の移民や難民(二世含む)の主人公が差別や偏見と闘いながらどうコミュニティーに受け入れられるかを描く作品が、近年コンスタントに日本にも届く印象だ。今年は本作に、インド系英国人監督グリンダ・チャーダによる「カセットテープ・ダイアリーズ」、2018年の「ボヘミアン・ラプソディ」もそう。人種的多様性の尊重が一般化する中、植民地時代に有色人種を搾取した白人社会の贖罪意識もあるだろうし、チャーダのようにインド圏民族の血を引く才能ある表現者たちが彼らの物語を描くケースもある。

実話に基づく「ファヒム」もやはり、バングラデシュ難民の少年が天才的なチェスの腕前で人生の難局を打開する爽やかな成功譚だが、難民受け入れが必ずしも人道的に行われていない現実があるのは日本も同じで、そんな苦みも味わうべきだろう。

映画レビュー

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2020年8月25日 | PCから投稿

欧州でのインド圏民族の受容を描く映画の系譜として

ここではインド、パキスタン、バングラデシュを歴史的背景から「インド圏」と書くが、欧州の地でインド圏民族の移民や難民(二世含む)の主人公が差別や偏見と闘いながらどうコミュニティーに受け入れられるかを描く作品が、近年コンスタントに日本にも届く印象だ。今年は本作に、インド系英国人監督グリンダ・チャーダによる「カセットテープ・ダイアリーズ」、2018年の「ボヘミアン・ラプソディ」もそう。人種的多様性の尊重が一般化する中、植民地時代に有色人種を搾取した白人社会の贖罪意識もあるだろうし、チャーダのようにインド圏民族の血を引く才能ある表現者たちが彼らの物語を描くケースもある。

実話に基づく「ファヒム」もやはり、バングラデシュ難民の少年が天才的なチェスの腕前で人生の難局を打開する爽やかな成功譚だが、難民受け入れが必ずしも人道的に行われていない現実があるのは日本も同じで、そんな苦みも味わうべきだろう。