NETFLIX 世界征服の野望

NETFLIX 世界征服の野望

3.2    104分 | 2019年 | G
NETFLIX 世界征服の野望

NETFLIX 世界征服の野望

3.2 104分 | 2019年 | G

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


世界最大の動画配信サービスへと成長を遂げただけでなく、製作面でもすでにハリウッド・メジャーを質量ともに凌駕して、国際的な映像ビジネスに革命を起こした最強企業・NETFLIX。怒涛の快進撃を続ける彼らは、なぜここまで勝ち続けられるのか!? その徹底した思想と戦略の原点は同社の創業期にあった…。NETFLIXの共同創業者で元CEOのマーク・ランドルフをはじめ、同社の主要創業メンバーや当時の競合相手たちが振り返る、驚きと興奮に満ちた壮大かつ痛快なサクセス・ストーリーにして、弱肉強食のビジネスで勝つための極意がぎっしりつまったベンチャー企業家のための最新教科書! そして初めて明かされる業界裏話と極秘情報がいっぱいの禁断の暴露ドキュメンタリー!

全文を読む

映画レビュー

細野真宏

PRO

いま大成功している企業でさえビジネスって「一寸先は闇」なんだと思わずにはいられない作品。

細野真宏さん | 2020年12月11日 | PCから投稿

まず、本作を見て思ったことは大きく3つ。
1つ目は、インタビューに答える人が意外といて、「この人、誰?」となる場面がちょいちょいあること。
2つ目は、こんな大成功している企業でも、実は、倒産危機さえあって、近年やっと軌道に乗り出した感じだったのか、と素直に驚いたこと。
3つ目は、やっぱり経済って面白い、ということでした。

そもそも「ネットフリックス」という会社が1997年に作られた「郵便によるDVDレンタルの会社」くらいは知っていました。そして、ライバル企業は、アメリカ最大のレンタルビデオチェーンの「ブロックバスター」で、「ブロックバスター」と「ネットフリックス」は「プロ野球」と「少年野球」くらいレベルが違うことも知っていました。
ただ、時と共にネットの技術革新が急速に進んで、それぞれの企業が変化をしていきます。でも、まさかそんな過程で、「ネットフリックス」が倒産危機にまで陥っていたとまでは考えていませんでした。
ライバル企業と共に、どのように彼らが変わっていったのか。この実録ドキュメンタリーはかなりダイナミックで面白いです。

新型コロナウイルスによるパンデミックの危機もあり、「ネットフリックス」は目下、よりパワーアップしていますが、私は、まだ「ネットフリックス」が勝者だとは思っていません。まだまだ第2幕、3幕はあり得ると思っています。

駒井尚文(映画.com編集長)

PRO

ネットフリックスVSブロックバスターの壮絶なる戦い

駒井尚文(映画.com編集長)さん | 2020年12月9日 | PCから投稿

ネットフリックスは、もともとは郵送DVDセル&レンタルというビジネスモデルでしたが、全米中に何千もの店舗を展開していたレンタルDVDチェーン、ブロックバスターとガチで戦って勝利します。その後、今に到るストリーミング配信のモデルに移行して大成功を収めるのですが、この映画はそんなネットフリックスの誕生から全米を制するまでが、関係者の証言で描かれています。初代CEOのマーク・ランドルフはたくさん出てきます。20年7月から共同CEOのテッド・サランドスも出番多め。だけど、最大の中心人物である現CEOリード・ヘイスティングスのインタビューはなし。恐らく、ネットフリックスでは配信されない「ネットフリックス正史」っていうところですかね。

映画レビュー

細野真宏

細野真宏さん PRO
2020年12月11日 | PCから投稿

いま大成功している企業でさえビジネスって「一寸先は闇」なんだと思わずにはいられない作品。

まず、本作を見て思ったことは大きく3つ。
1つ目は、インタビューに答える人が意外といて、「この人、誰?」となる場面がちょいちょいあること。
2つ目は、こんな大成功している企業でも、実は、倒産危機さえあって、近年やっと軌道に乗り出した感じだったのか、と素直に驚いたこと。
3つ目は、やっぱり経済って面白い、ということでした。

そもそも「ネットフリックス」という会社が1997年に作られた「郵便によるDVDレンタルの会社」くらいは知っていました。そして、ライバル企業は、アメリカ最大のレンタルビデオチェーンの「ブロックバスター」で、「ブロックバスター」と「ネットフリックス」は「プロ野球」と「少年野球」くらいレベルが違うことも知っていました。
ただ、時と共にネットの技術革新が急速に進んで、それぞれの企業が変化をしていきます。でも、まさかそんな過程で、「ネットフリックス」が倒産危機にまで陥っていたとまでは考えていませんでした。
ライバル企業と共に、どのように彼らが変わっていったのか。この実録ドキュメンタリーはかなりダイナミックで面白いです。

新型コロナウイルスによるパンデミックの危機もあり、「ネットフリックス」は目下、よりパワーアップしていますが、私は、まだ「ネットフリックス」が勝者だとは思っていません。まだまだ第2幕、3幕はあり得ると思っています。

駒井尚文(映画.com編集長)

駒井尚文(映画.com編集長)さん PRO
2020年12月9日 | PCから投稿

ネットフリックスVSブロックバスターの壮絶なる戦い

ネットフリックスは、もともとは郵送DVDセル&レンタルというビジネスモデルでしたが、全米中に何千もの店舗を展開していたレンタルDVDチェーン、ブロックバスターとガチで戦って勝利します。その後、今に到るストリーミング配信のモデルに移行して大成功を収めるのですが、この映画はそんなネットフリックスの誕生から全米を制するまでが、関係者の証言で描かれています。初代CEOのマーク・ランドルフはたくさん出てきます。20年7月から共同CEOのテッド・サランドスも出番多め。だけど、最大の中心人物である現CEOリード・ヘイスティングスのインタビューはなし。恐らく、ネットフリックスでは配信されない「ネットフリックス正史」っていうところですかね。