SAAHO サーホー

SAAHO サーホー

3.5    169分 | 2019年 | G
SAAHO サーホー

SAAHO サーホー

3.5 169分 | 2019年 | G

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


暗黒帝国の犯罪都市ワージーを牛耳るロイ・グループの首領ロイは、内部抗争によってムンバイで暗殺されてしまう。その3週間後、3億ドル(約300億円)の盗難事件が発生。警察は“伝説の捜査官”アショークを招聘し特命チームの指揮を任せる。美人捜査官アムリタを相棒に潜入捜査をはじめたアショークは、窃盗グループを仕切る謎の男との接触に成功し、裏組織が隠し持つ金庫の存在にたどり着く。巨万の富が眠る金庫の鍵となる<謎のブラックボックス>を巡って、アショーク、裏組織、警察が入り乱れての争奪戦が始まった。最後に、それを手にする者は誰か?

全文を読む

映画レビュー

村山章

PRO

カッコいいプラバースのフルコース

村山章さん | 2020年5月27日 | Androidアプリから投稿

インド映画が盛りだくさんなのは百も承知のつもりだったが、この映画は無茶苦茶やりよる。というのも、本来ならエモさで観客を引き込むのがインド映画の得意技だと思うのだが、やけに入り組んだプロットや特に前フリもない驚愕展開など、観客にストーリーに没入させない要素がやけに多いのだ。

主演は『バーフバリ』のプラバースで、インドのスターはひとつの映画で二枚目要素も三枚目要素も引き受けることが多いが、本作ではただひたすらにカッコいい。プラバースを軸にして、こんなシーンもあんなシーンも撮りたい!というアイデアを山積みにして、パッチワークにしたような作品だ。

正直、筋を追うことは途中でどうでもよくなってきて、過剰なアクションや映像のこだわりがほとんど異次元に迷い込んだようなクライマックスへと突き進んでいく。中学生が夏休みをかけて考えたような話だと思いつつ、そこに注ぎ込まれた熱量にはやはり圧倒されてしまう、なんとも扱いに困る問題作である。

杉本穂高

PRO

プラバースは現代衣装でもカッコいい

杉本穂高さん | 2020年4月28日 | PCから投稿

物語の導入から多人数のマルチエピソードが展開するので、最初の20分くらいは方向性を把握するのに苦労するかもしれない。しかし、最初のドンデン返しが起きたあたりから、「なるほど、こういうことね」と腑に落ちるのでちょっと我慢して観て欲しい。そこから先はノンストップで見せ場とツイスト展開の連続で大変面白い。
マッドマックスを思わせるような砂漠での戦闘や、アイアンマンのような飛行スーツをまとったやつ、ワイルドスピードを彷彿とさせるカーアクション、ターミネーターやMr.&Mrsスミスのパロディなどハリウッドアクションへのオマージュを随所に散りばめつつ、インドの踊りと唄で押しまくり、「バーフバリ」の主演でブレイクしたプラバースが縦横無尽に暴れまくる。現代衣装を来てもプラバースはカッコいい。特にスーツの着こなしがすごかった。
そして、現代が舞台でもプラバースは王だった。

高森 郁哉

PRO

長尺、壮大、ひねった展開

高森 郁哉さん | 2020年3月29日 | PCから投稿

ボリウッド製アクションのばかばかしいほどの壮大なスケールに、歌と踊りのお約束シーンもしっかり。ストーリー的にはギャングの跡目争い、謎の集団による大規模窃盗事件、そして事件を追う捜査官らの3本筋が絡み合いつつ、終盤のひねりでサプライズを用意している。ファンには全部盛り的な満足度の高い娯楽作だが、169分はまあ、長すぎかなというのが正直なところ。“インド映画道”というものがあるなら、自分はまだ修行が足りないのかもしれない。

「バーフバリ」シリーズのプラバース、現在40歳というから、ほどよく中年の渋みも加わってきて脂が乗ってきた頃。これからも大作の主演でアクションを披露して楽しませてくれそうだ。ヒロインのシュラッダー・カプールは少し魅力不足だったか。

総じて、インド映画の伝統的な要素をしっかり継承しつつ、世界市場を意識したエンタメとして進化を遂げた力作だと感じた。

映画レビュー

村山章

村山章さん PRO
2020年5月27日 | Androidアプリから投稿

カッコいいプラバースのフルコース

インド映画が盛りだくさんなのは百も承知のつもりだったが、この映画は無茶苦茶やりよる。というのも、本来ならエモさで観客を引き込むのがインド映画の得意技だと思うのだが、やけに入り組んだプロットや特に前フリもない驚愕展開など、観客にストーリーに没入させない要素がやけに多いのだ。

主演は『バーフバリ』のプラバースで、インドのスターはひとつの映画で二枚目要素も三枚目要素も引き受けることが多いが、本作ではただひたすらにカッコいい。プラバースを軸にして、こんなシーンもあんなシーンも撮りたい!というアイデアを山積みにして、パッチワークにしたような作品だ。

正直、筋を追うことは途中でどうでもよくなってきて、過剰なアクションや映像のこだわりがほとんど異次元に迷い込んだようなクライマックスへと突き進んでいく。中学生が夏休みをかけて考えたような話だと思いつつ、そこに注ぎ込まれた熱量にはやはり圧倒されてしまう、なんとも扱いに困る問題作である。

杉本穂高

杉本穂高さん PRO
2020年4月28日 | PCから投稿

プラバースは現代衣装でもカッコいい

物語の導入から多人数のマルチエピソードが展開するので、最初の20分くらいは方向性を把握するのに苦労するかもしれない。しかし、最初のドンデン返しが起きたあたりから、「なるほど、こういうことね」と腑に落ちるのでちょっと我慢して観て欲しい。そこから先はノンストップで見せ場とツイスト展開の連続で大変面白い。
マッドマックスを思わせるような砂漠での戦闘や、アイアンマンのような飛行スーツをまとったやつ、ワイルドスピードを彷彿とさせるカーアクション、ターミネーターやMr.&Mrsスミスのパロディなどハリウッドアクションへのオマージュを随所に散りばめつつ、インドの踊りと唄で押しまくり、「バーフバリ」の主演でブレイクしたプラバースが縦横無尽に暴れまくる。現代衣装を来てもプラバースはカッコいい。特にスーツの着こなしがすごかった。
そして、現代が舞台でもプラバースは王だった。

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2020年3月29日 | PCから投稿

長尺、壮大、ひねった展開

ボリウッド製アクションのばかばかしいほどの壮大なスケールに、歌と踊りのお約束シーンもしっかり。ストーリー的にはギャングの跡目争い、謎の集団による大規模窃盗事件、そして事件を追う捜査官らの3本筋が絡み合いつつ、終盤のひねりでサプライズを用意している。ファンには全部盛り的な満足度の高い娯楽作だが、169分はまあ、長すぎかなというのが正直なところ。“インド映画道”というものがあるなら、自分はまだ修行が足りないのかもしれない。

「バーフバリ」シリーズのプラバース、現在40歳というから、ほどよく中年の渋みも加わってきて脂が乗ってきた頃。これからも大作の主演でアクションを披露して楽しませてくれそうだ。ヒロインのシュラッダー・カプールは少し魅力不足だったか。

総じて、インド映画の伝統的な要素をしっかり継承しつつ、世界市場を意識したエンタメとして進化を遂げた力作だと感じた。