アングスト 不安

アングスト 不安

3.2    87分 | 1983年 | R15+
アングスト 不安

アングスト 不安

3.2 87分 | 1983年 | R15+

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


1980年1月、殺人鬼ヴェルナ―・クニーセクが起こしたオーストリアでの一家惨殺事件。10数年の刑期を終えて予定されていた出所の1ヵ月前、就職先を探すために3日間のみ外出を許された際の凶行だった。決して世に放出してはならなかったこの狂人の異様な行動と心理状態を冷酷非情なタッチで描写した実録映画が『アングスト/不安』である。斬新なカメラワーク、狂人のモノローグで綴る構造、そして全編徹底された冷たく陰鬱なトーン。描かれる内容もさることながら、作品自体が<異常>であり、その凄まじさは他に類を見ない映画史上に残る芸術性をも発揮、観る者の心に深い傷痕を残す。

全文を読む

監督: ジェラルド・カーグル
撮影: ズビグニェフ・リプチンスキ
編集: ズビグニェフ・リプチンスキ
出演: アーウィン・レダーシルビア・ラベンレイターエディット・ロゼットルドルフ・ゲッツ
英題:Angst
オーストリア / 英語
(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

全て見る

映画レビュー

Dan Knighton

PRO

A Psychotic Triple Murder Playbook

Dan Knightonさん | 2020年11月3日 | PCから投稿

If you're looking for a bad time, Angst is the potion. It is not much more than a real-time sequence of a convicted murderer's continued offense right after he is released from prison. Discomforting to watch as it unfolds, we hear the killer's internalized screams of anguish and seek of release through finding victims in his narration memoir. Not as visually gruesome as Henry, but still as dark.

杉本穂高

PRO

狂人の視座

杉本穂高さん | 2020年8月30日 | PCから投稿

狂人が出てくる映画は数多いが、ここまで徹底的に狂人側の視点に立った映画はなかなかない。お蔵入りになった理由もよくわかる。この映画は狂人の精神状態を常人に体験させようという映画なのだ。それは不快に決まっている。
ただ、不快かもしれないが、ものすごく貴重な体験でもある。この世界にはこの映画の主人公のような理解するのが困難な人間は現に存在しており、そういう人間とも社会の中で遭遇することもあるのだ。そういう人物を追体験することは、観客の視野を広げ、世界の理解を深める。優れた映画は、観客に普段の視点とは異なる視座からの世界を体験させ、世界の見方を変えてくれるものだが、本作はまさにそういう作品である。ただし、美しい視座を与えてくれるわけではない、とびきりゆがんだ世界の見方を与えるので、注意が必要だ。
この世界には、こういう常人の理解を超えた行動をする人間が現にいる。そういう人間の視座を体験することは確かに貴重な機会である。

牛津厚信

PRO

この超絶的に奇妙なカメラワークに心酔しっぱなし

牛津厚信さん | 2020年7月3日 | PCから投稿

83年に本国公開された際はあまりの衝撃ゆえ1週間で打ち切りになったとか。出所したシリアルキラーがまたも衝動に駆られて身を疼かせる本作は、まるで犯人の精神状態を体感するようなヴィジョンが生々しく展開する一作だ。が、公開から40年近く経つ今となっては、ホラー描写に震え上がることはなかったし、主人公の行動が笑ってしまうほど悲しく滑稽に見えることも多かった。

逆に、本作が今なお誰にも越えられない鉄壁を持っているとしたら、その筆頭に挙げるべきは超絶的なカメラワークだ。主人公の周囲をふわりと漂ったかと思えば、突飛な行動に合わせてカメラも突発的に感応し、またある時には主人公を「やや斜め上」から見つめる。さらに屋外シーンではどうやって撮ったのか見当もつかない超俯瞰が炸裂。見れば見るだけ本当に奇妙で、目が離せなくなる。まさか衝撃、震撼ではなく、魅了、心酔させられるとは。私は頭がおかしくなってしまったのか。

映画レビュー

Dan Knighton

Dan Knightonさん PRO
2020年11月3日 | PCから投稿

A Psychotic Triple Murder Playbook

If you're looking for a bad time, Angst is the potion. It is not much more than a real-time sequence of a convicted murderer's continued offense right after he is released from prison. Discomforting to watch as it unfolds, we hear the killer's internalized screams of anguish and seek of release through finding victims in his narration memoir. Not as visually gruesome as Henry, but still as dark.

杉本穂高

杉本穂高さん PRO
2020年8月30日 | PCから投稿

狂人の視座

狂人が出てくる映画は数多いが、ここまで徹底的に狂人側の視点に立った映画はなかなかない。お蔵入りになった理由もよくわかる。この映画は狂人の精神状態を常人に体験させようという映画なのだ。それは不快に決まっている。
ただ、不快かもしれないが、ものすごく貴重な体験でもある。この世界にはこの映画の主人公のような理解するのが困難な人間は現に存在しており、そういう人間とも社会の中で遭遇することもあるのだ。そういう人物を追体験することは、観客の視野を広げ、世界の理解を深める。優れた映画は、観客に普段の視点とは異なる視座からの世界を体験させ、世界の見方を変えてくれるものだが、本作はまさにそういう作品である。ただし、美しい視座を与えてくれるわけではない、とびきりゆがんだ世界の見方を与えるので、注意が必要だ。
この世界には、こういう常人の理解を超えた行動をする人間が現にいる。そういう人間の視座を体験することは確かに貴重な機会である。

牛津厚信

牛津厚信さん PRO
2020年7月3日 | PCから投稿

この超絶的に奇妙なカメラワークに心酔しっぱなし

83年に本国公開された際はあまりの衝撃ゆえ1週間で打ち切りになったとか。出所したシリアルキラーがまたも衝動に駆られて身を疼かせる本作は、まるで犯人の精神状態を体感するようなヴィジョンが生々しく展開する一作だ。が、公開から40年近く経つ今となっては、ホラー描写に震え上がることはなかったし、主人公の行動が笑ってしまうほど悲しく滑稽に見えることも多かった。

逆に、本作が今なお誰にも越えられない鉄壁を持っているとしたら、その筆頭に挙げるべきは超絶的なカメラワークだ。主人公の周囲をふわりと漂ったかと思えば、突飛な行動に合わせてカメラも突発的に感応し、またある時には主人公を「やや斜め上」から見つめる。さらに屋外シーンではどうやって撮ったのか見当もつかない超俯瞰が炸裂。見れば見るだけ本当に奇妙で、目が離せなくなる。まさか衝撃、震撼ではなく、魅了、心酔させられるとは。私は頭がおかしくなってしまったのか。