バクラウ 地図から消された村

バクラウ 地図から消された村

3.5    131分 | 2019年 | R15+

第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞受賞作品

ブラジルの新鋭クレベール・メンドンサ・フィリオ監督が描く、血と暴力に彩られた現代の寓話。

バクラウ 地図から消された村

バクラウ 地図から消された村

3.5 131分 | 2019年 | R15+

第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞受賞作品

ブラジルの新鋭クレベール・メンドンサ・フィリオ監督が描く、血と暴力に彩られた現代の寓話。

スクリーン1
配信期間: 2021年10月7日(木)まで

「アクエリアス」で注目を集めたブラジルの新鋭クレベール・メンドンサ・フィリオ監督が手がけ、第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した作品。村の長老・老婆カルメリータが亡くなったことをきっかけに、テレサは故郷の村バクラウに戻ってきた。しかし、テレサが戻ったその日から、村で不可解な出来事が次々と発生。インターネットの地図上から村が突然姿を消し、村の上空には正体不明の飛行物体が現れる。さらに、村の生命線ともいえる給水車のタンクに何者かが銃を撃ち込み、村外れでは血まみれの死体が発見される。めったに訪れることのない他所者が村を訪れたことをきっかけに、暴力と惨劇が幕を開ける。「アクエリアス」から引き続きフィルオ作品への出演となる「蜘蛛女のキス」のソニア・ブラガ、ブラジルを代表する若手女優バルバラ・コーレンのほか、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の怪優ウド・キアらが顔をそろえる。

全文を読む

映画レビュー

杉本穂高

PRO

グローバリズムへの抵抗の一撃

杉本穂高さん | 2021年2月28日 | PCから投稿

これはすごい。グローバリズムの時代に強烈な楔を打ち込んでいる。この映画で描かれる村は時代遅れで、野蛮な連中と言えるかもしれない。しかし、それもまた人の文化であり、尊重されねばならない。ネット上の地図から消されたことをきっかけに次々と恐ろしいことが起こる村で、村人たちは自分たちの村を破壊しようとする外部の連中に対して、一致団結して殺しにかかる。現代グローバルの価値観からは到底受け入れられない所業が後半描かれるが、この映画はそれを断罪などしない。これも人間の文化であると言い切っているように僕には見えた。
日本のアイヌ文化のことを少し思い出したりした。熊を育てて殺しイオマンテという儀式は野蛮だと今はみなされてしまうだろう。しかし、あれも少数民族の大切な文化だったろう。グローバリズムとは結局、強引に少数の価値観を洗い流す凶行なのではないか。凶行に対して、この映画の村人は文字通り凶行で対抗したわけだ。彼らの凶行は、マジョリティ側の乱暴さ、乱雑さをも浮かび上がらせる。

村山章

PRO

これがホントのアンチ・ハリウッド映画

村山章さん | 2020年12月31日 | PCから投稿

ネタバレ

クリックして本文を読む
牛津厚信

PRO

これは世界の縮図なのだろうか

牛津厚信さん | 2020年11月29日 | PCから投稿

ネタバレ

クリックして本文を読む

映画レビュー

杉本穂高

杉本穂高さん PRO
2021年2月28日 | PCから投稿

グローバリズムへの抵抗の一撃

これはすごい。グローバリズムの時代に強烈な楔を打ち込んでいる。この映画で描かれる村は時代遅れで、野蛮な連中と言えるかもしれない。しかし、それもまた人の文化であり、尊重されねばならない。ネット上の地図から消されたことをきっかけに次々と恐ろしいことが起こる村で、村人たちは自分たちの村を破壊しようとする外部の連中に対して、一致団結して殺しにかかる。現代グローバルの価値観からは到底受け入れられない所業が後半描かれるが、この映画はそれを断罪などしない。これも人間の文化であると言い切っているように僕には見えた。
日本のアイヌ文化のことを少し思い出したりした。熊を育てて殺しイオマンテという儀式は野蛮だと今はみなされてしまうだろう。しかし、あれも少数民族の大切な文化だったろう。グローバリズムとは結局、強引に少数の価値観を洗い流す凶行なのではないか。凶行に対して、この映画の村人は文字通り凶行で対抗したわけだ。彼らの凶行は、マジョリティ側の乱暴さ、乱雑さをも浮かび上がらせる。

村山章

村山章さん PRO
2020年12月31日 | PCから投稿

これがホントのアンチ・ハリウッド映画

ネタバレ

クリックして本文を読む
牛津厚信

牛津厚信さん PRO
2020年11月29日 | PCから投稿

これは世界の縮図なのだろうか

ネタバレ

クリックして本文を読む