KCIA 南山の部長たち

KCIA 南山の部長たち

3.8    114分 | 2019年 | PG12
KCIA 南山の部長たち

KCIA 南山の部長たち

3.8 114分 | 2019年 | PG12

スクリーン1
配信期間: 2021年7月1日(木)まで

ご支払・視聴するには会員登録及びログインが必要です。
メニューの「新規登録」または「ログイン」へお進みください。


1979年10月26日、大韓民国大統領直属の諜報機関である中央情報部(通称:KCIA)部長キム・ギュピョンが大統領を射殺した。大統領に次ぐ強大な権力と情報を握っていたとも言われるKCIAのトップがなぜ?さかのぼること40日前、KCIA元部長パク・ヨンガクが亡命先であるアメリカの下院議会聴聞会で韓国大統領の腐敗を告発する証言を行った。激怒した大統領に事態の収拾を命じられたキム部長は…。

全文を読む

監督: ウ・ミンホ
原作: キム・チュンシク
脚本: ウ・ミンホ イ・ジミン
出演: イ・ビョンホンイ・ソンミンクァク・ドウォンイ・ヒジュンキム・ソジン
英題:The Man Standing Next
韓国 / 韓国語
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

全て見る

映画レビュー

和田隆

PRO

イ・ビョンホンの名演を堪能し、感慨に耽る

和田隆さん | 2021年6月9日 | PCから投稿

韓国の実話を基にした映画の腹の括り方(覚悟)には毎回感服させられる。1979年10月26日に韓国の朴正煕大統領が、右腕とも言える中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョンに暗殺された。大統領はなぜ暗殺されたのか。映画はこの事件発生の40日前から真相にスリリングに、サスペンスフルに迫っていく。

原作はキム・チュンシクによるノンフィクション「実録KCIA『南山と呼ばれた男たち』」。メガホンは「インサイダーズ 内部者たち」で、財閥と政治家の癒着による巨大権力の腐敗を描き高い評価を得たウ・ミンホ監督がとった。「KCIA 南山の部長たち」の全編を貫く重厚なトーン、カメラワークや光と影にこだわった照明、そして79年当時を再現した美術など、そのクオリティは極めて高く、フランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー」(1972年)のような質感と展開に圧倒される。

しかし、何と言ってもこの作品の見どころはキム・ギュピョン部長を演じたイ・ビョンホンの名演に尽きるだろう。「インサイダーズ」でも組んだミンホ監督と息もぴったりで、キム部長の揺れ動く心情を、無表情のようでいて、瞳の奥や表情のちょっとした動き、またその背中で力強く、そして繊細に表現し、説得力を与えている。

パク・チャヌク監督の傑作「JSA」(2000年)で、共同警備区域の若き兵士を鮮烈に演じていたイ・ビョンホンが、20年の時を経て、大統領暗殺者の役を演じているのがとても感慨深い。本国で大ヒットし、ビョンホンが百想芸術大賞主演男優賞を受賞したのも納得である。彼の成熟した名演を堪能でき、韓国史を知る上でも必見の作品だ。

杉本穂高

PRO

権力はなぜ人を腐敗させるのか

杉本穂高さん | 2021年3月31日 | PCから投稿

権力を握ると人が変わるのは歴史の必然なのか。韓国の中央情報部局長が現職の朴正煕大統領を暗殺した事件をもとにしたこの作品、かつて同士としてクーデターを起こした大統領と主人公の中央情報部部長は、やがて学生運動の弾圧の是非を巡って争う関係になる。自らの保身ばかり考える取り巻きと同様に、大統領にはかつて国を変えると志して、腐敗と旧悪の一掃を唱えてクーデターを起こした。しかし、長く権力の座に居座り、自らが腐敗と旧悪となってしまう。少なくとも主人公にはそう思えた。国を想う気持ちを忘れた独裁者は国家にとって裏切り者、だから主人公は職責として大統領を暗殺した。歴史は繰り返すというが、高い志を掲げて権力の座についたものもいつか腐敗する、歴史はその繰り返しで様々な人間が実権を握ってきた。
映画は、主人公のキムが国家の行く末を憂う人物として描く。彼の行ったことは暗殺であり、非合法な手段である。しかし、この映画は暗殺の是非は問わない。むしろ、この暗殺行為は歴史の歯車だったのだという感慨すら湧く。

牛津厚信

PRO

非常に見応えのある現代史の実録モノ

牛津厚信さん | 2021年1月24日 | PCから投稿

見応えのある実録モノであり、各々の人物の感情のうねりがダイナミックに伝わってくる。単に歴史的事実を並べるのではなく、そこに個々の思惑がどう絡み、いかにして79年のあの日、あの時、主人公が引き返すことのできない橋を渡ることになったのかを、時に針のような鋭さで描く。つまり、感情はダイナミックで、演出はタイト。このメリハリが本作では巧みに機能していて、韓国、アメリカ、フランスという広大な場所移動を抱えながら決してバラバラな印象はなく、さらには一つ間違えると複雑さに溺れかねない相関図をあえて最小限にしたのも効果的。本編が2時間弱に収まっている点も含めて、作り手のアングル設定が非常にクレバーなのだ。そしてやはりイ・ビョンホン。メガネ奥の目の動きで、彼の動揺や思惑、意志、覚悟のほどが推し量れる。さらにはベテラン役者陣との絡み合いによって場面ごとに微妙に温度感の異なる化学変化が醸成されていく様は見事だ。

高森 郁哉

PRO

暗殺決行の瞬間に向けてキリキリと弓が引かれるような緊張感

高森 郁哉さん | 2021年1月22日 | PCから投稿

たまたま大河ドラマ「麒麟が来る」が大詰めを迎えているが、韓国で権勢をふるった朴正煕大統領を側近のKCIA部長が暗殺した事件は、まるで織田信長を明智光秀が討った本能寺の変のようだ。動機は諸説あるが、首謀者に「世のため民のため」という“義”があったとする説に立つ点でも「麒麟が来る」と共通する。

ウ・ミンホ監督は2作前の「インサイダーズ 内部者たち」でイ・ビョンホン(破天荒なヤクザを熱演)と組み、韓国のR指定作品として歴代最高の動員数を記録した。同監督の「スパイな奴ら」も配信で観たが、いずれもケレン味あふれる演出という印象。だが今作は実際の暗殺事件に基づくこともあってか、ソリッドでストイックな演出に徹している。イ・ビョンホンも打って変わって七三に固めた髪に眼鏡でイケメンオーラを封印し、大統領からの理不尽な命令に追い詰められていくKCIAのキム部長を的確に演じた。いくつもの出来事と状況が積み重なり、大統領暗殺という究極の一手に至るまで、場面場面の丁寧な心理描写でじわじわと緊張が高まるさまは、弓がゆっくりとキリキリと引かれていくかのよう。放たれた矢と同様、決行はほんの一瞬だが、そこに至るサスペンスの盛り上がりこそが本作の肝だ。

映画レビュー

和田隆

和田隆さん PRO
2021年6月9日 | PCから投稿

イ・ビョンホンの名演を堪能し、感慨に耽る

韓国の実話を基にした映画の腹の括り方(覚悟)には毎回感服させられる。1979年10月26日に韓国の朴正煕大統領が、右腕とも言える中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョンに暗殺された。大統領はなぜ暗殺されたのか。映画はこの事件発生の40日前から真相にスリリングに、サスペンスフルに迫っていく。

原作はキム・チュンシクによるノンフィクション「実録KCIA『南山と呼ばれた男たち』」。メガホンは「インサイダーズ 内部者たち」で、財閥と政治家の癒着による巨大権力の腐敗を描き高い評価を得たウ・ミンホ監督がとった。「KCIA 南山の部長たち」の全編を貫く重厚なトーン、カメラワークや光と影にこだわった照明、そして79年当時を再現した美術など、そのクオリティは極めて高く、フランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー」(1972年)のような質感と展開に圧倒される。

しかし、何と言ってもこの作品の見どころはキム・ギュピョン部長を演じたイ・ビョンホンの名演に尽きるだろう。「インサイダーズ」でも組んだミンホ監督と息もぴったりで、キム部長の揺れ動く心情を、無表情のようでいて、瞳の奥や表情のちょっとした動き、またその背中で力強く、そして繊細に表現し、説得力を与えている。

パク・チャヌク監督の傑作「JSA」(2000年)で、共同警備区域の若き兵士を鮮烈に演じていたイ・ビョンホンが、20年の時を経て、大統領暗殺者の役を演じているのがとても感慨深い。本国で大ヒットし、ビョンホンが百想芸術大賞主演男優賞を受賞したのも納得である。彼の成熟した名演を堪能でき、韓国史を知る上でも必見の作品だ。

杉本穂高

杉本穂高さん PRO
2021年3月31日 | PCから投稿

権力はなぜ人を腐敗させるのか

権力を握ると人が変わるのは歴史の必然なのか。韓国の中央情報部局長が現職の朴正煕大統領を暗殺した事件をもとにしたこの作品、かつて同士としてクーデターを起こした大統領と主人公の中央情報部部長は、やがて学生運動の弾圧の是非を巡って争う関係になる。自らの保身ばかり考える取り巻きと同様に、大統領にはかつて国を変えると志して、腐敗と旧悪の一掃を唱えてクーデターを起こした。しかし、長く権力の座に居座り、自らが腐敗と旧悪となってしまう。少なくとも主人公にはそう思えた。国を想う気持ちを忘れた独裁者は国家にとって裏切り者、だから主人公は職責として大統領を暗殺した。歴史は繰り返すというが、高い志を掲げて権力の座についたものもいつか腐敗する、歴史はその繰り返しで様々な人間が実権を握ってきた。
映画は、主人公のキムが国家の行く末を憂う人物として描く。彼の行ったことは暗殺であり、非合法な手段である。しかし、この映画は暗殺の是非は問わない。むしろ、この暗殺行為は歴史の歯車だったのだという感慨すら湧く。

牛津厚信

牛津厚信さん PRO
2021年1月24日 | PCから投稿

非常に見応えのある現代史の実録モノ

見応えのある実録モノであり、各々の人物の感情のうねりがダイナミックに伝わってくる。単に歴史的事実を並べるのではなく、そこに個々の思惑がどう絡み、いかにして79年のあの日、あの時、主人公が引き返すことのできない橋を渡ることになったのかを、時に針のような鋭さで描く。つまり、感情はダイナミックで、演出はタイト。このメリハリが本作では巧みに機能していて、韓国、アメリカ、フランスという広大な場所移動を抱えながら決してバラバラな印象はなく、さらには一つ間違えると複雑さに溺れかねない相関図をあえて最小限にしたのも効果的。本編が2時間弱に収まっている点も含めて、作り手のアングル設定が非常にクレバーなのだ。そしてやはりイ・ビョンホン。メガネ奥の目の動きで、彼の動揺や思惑、意志、覚悟のほどが推し量れる。さらにはベテラン役者陣との絡み合いによって場面ごとに微妙に温度感の異なる化学変化が醸成されていく様は見事だ。

高森 郁哉

高森 郁哉さん PRO
2021年1月22日 | PCから投稿

暗殺決行の瞬間に向けてキリキリと弓が引かれるような緊張感

たまたま大河ドラマ「麒麟が来る」が大詰めを迎えているが、韓国で権勢をふるった朴正煕大統領を側近のKCIA部長が暗殺した事件は、まるで織田信長を明智光秀が討った本能寺の変のようだ。動機は諸説あるが、首謀者に「世のため民のため」という“義”があったとする説に立つ点でも「麒麟が来る」と共通する。

ウ・ミンホ監督は2作前の「インサイダーズ 内部者たち」でイ・ビョンホン(破天荒なヤクザを熱演)と組み、韓国のR指定作品として歴代最高の動員数を記録した。同監督の「スパイな奴ら」も配信で観たが、いずれもケレン味あふれる演出という印象。だが今作は実際の暗殺事件に基づくこともあってか、ソリッドでストイックな演出に徹している。イ・ビョンホンも打って変わって七三に固めた髪に眼鏡でイケメンオーラを封印し、大統領からの理不尽な命令に追い詰められていくKCIAのキム部長を的確に演じた。いくつもの出来事と状況が積み重なり、大統領暗殺という究極の一手に至るまで、場面場面の丁寧な心理描写でじわじわと緊張が高まるさまは、弓がゆっくりとキリキリと引かれていくかのよう。放たれた矢と同様、決行はほんの一瞬だが、そこに至るサスペンスの盛り上がりこそが本作の肝だ。